外壁塗装でよみがえる我が家~劣化阻止情報~

タイミングを知る

Home environment

雨漏りが発生する前に塗装をする事が重要

外壁は住宅を守る大切な役割を持っており、そんな外壁の機能を高めるものが外壁塗装です。外壁塗装をする事で外壁は住宅を守る事ができるのです。外壁に塗装がされていない場合は、雨が降れば外壁の中に雨がしみ込み、住宅を傷めてしまうのです。また外壁に塗装がされていなければ、太陽の紫外線によって外壁が傷んでしまいます。 こういった事態を避けるために、外壁塗装が重要になってきます。外壁塗装をするタイミングとしては、外壁の状態を良く見る事で判断がつくのです。外壁を手で触ってみて手に塗装が付くようでしたら、塗装の時期になっているかもしれません。また外壁にひび割れが発生している時も、外壁塗装のタイミングです。

外壁がサイディングの場合は、コーキングの目地が割れてきたり、サイディングが反ってきた場合が塗り替えのタイミングです。外壁塗装のタイミングを間違えると、雨漏りなどが発生して住宅を傷める事になるため、塗り替えのタイミングは重要なのです。外壁塗装をやらずに放置しておくと住宅に雨漏りが発生する事が多く、住宅にカビが発生することもあります。 住宅の内部にカビが発生すると除去する事が困難で、カビによる健康被害を受ける事が多いでしょう。そのため外壁塗装は、雨漏りが発生する前におこなう事が重要なのです。雨漏りが発生すると、健康被害だけでなくシロアリが発生する事が多くなります。シロアリは湿度の高い場所を好むため、雨漏りしている住宅に巣を作るので気をつけましょう。